アーユルヴェーダスクール・サロン【アユス】

HOME > 基本のトリートメント【アビアンガム】

基本のトリートメント【アビアンガム】

アーユルヴェーダ アビアンガム

アビアンガムはアーユルヴェーダのプログラムの中の一つで、オイルトリートメントのことです。温めたアーユルヴェディックオイルでマッサージをすることにより、肌をなめらかにすることはもちろん、筋肉の調子を整えて、血行を促進し、新陳代謝を活発にして体内毒素や老廃物を取り除きます。

カイラリスパでは、このアビアンガムに発汗やボディスクラブなどを加えた、アーユルヴェーダ本来のコーストリートメントを行います。

アビアンガムの基本手順

アーユルヴェーダ

【シロビアンガ】
ヘアオイルでのヘッドマッサージとショルダーマッサージ。
神経全体を鎮め、ストレスや緊張をときほぐし、あとに続くトリートメントを受け入れやすくします。

 

アーユルヴェーダ

【アビアンガム】
首筋から足の指先まで全身くまなく、温かいアーユルヴェーダオイルを使ってのトリートメント。
角度を変えて何度もアプローチします。
+「スウェダナ(発汗)」でデトックス。

アーユルヴェーダ

【フェイシャル】
特別レシピのフェイシャル用オイルで、お顔のマルマポイントを意識してリンパ系や筋肉系に働きかけます。
フェイスラインを整えてお肌を生き生きとした本来の色へと導きます。
 

アーユルヴェーダ

【ヘッドトリートメント】
ヘッド専用アーユルヴェーダオイルを使用して、頭のマルマポイントを中心に優しく刺激。
鎮静効果で頭をすっきりさせ、頭皮や髪も健康的に。

 

アーユルヴェーダ

【ボディスクラブ】
吸収されなかったオイルは、発汗作用で毒素を含んでいます。
天然ハーブで作られた専用スクラブで洗い、最後にシャワーで流します。
 

アーユルヴェーダとアロマセラピーの違い

ラベンダーの香りでリラックスしたり、グレープフルーツの香りでダイエット効果を期待したりと、アロマセラピーには、目的に合わせた処方箋があります。それに対して、アーユルヴェーダは浄化のトリートメント!「香りの識別ができるように嗅覚を研ぎ澄ます」「デトックスにより身体をリセットし老化を防ぐ」のが目的です。

伝統療法 アーユルヴェーダ

様々なハーブや乳成分から作られる独自のオイル

白檀、ニーム、メタリック、インドショウガ、ボダイジュ、シカカイ、甘草、ハイビスカス、ゴマ油、ココナッツ油、牛乳、山羊乳、水牛乳etc... book1.jpg様々なハーブや乳製品を古代レシピに従って、選び出し複数の工程を経て精製。お互いの有効成分を相乗効果で高めます。40種類以上の有効成分から作られているオイルも!

芳香療法 アロマセラピー

個々の植物から抽出された精油を使用したオイル

個々の精油を単体でまたは、ブレンドして、キャリアオイル(植物オイル)に混ぜて作ります。ラベンダーの香りでリラックスしたり、 DSC01086.JPGグレープフルーツの香りでダイエット効果を期待したりと、目的に合わせた香りの処方箋があります。



 

spa_bn01.gifspa_bn02.gif

トップページへ